くまお フォルテッシモ

ドイツの音大に突如現れた くまおの日記

くまお、ベローナに行く の巻

お久しぶりです。くまおです。


9月に帰国したのに、卒論のせいで全くかけなかったブログ、再開します!書き残した留学中の出来事を思い出しながら、最後まで書いていきたいと思います(^。^)


今年7月上旬マンハイムでの卒試を終えた直後(たぶん2日後だった)、コンクールのためイタリアのVerona(ベローナ)へ行きました。

たまたまマンハイムで一緒に勉強しているピアノの先輩とエントリーしたコンクールが被り(飛行機等を取った後で気がついたので行き帰りは別行動でしたが)楽しく旅することができました!

 

ベローナにも空港があるのですが、フランクフルトからもシュトゥットガルトからもなぜか割高。


なので結局、先輩はミラノへ、私はベネツィアへ飛び、そこから電車でベローナ へ向かいました。

f:id:kumao-klavier:20191229160315j:image


3月ぶりのベネツィア。滞在時間わずか30分だったのですが、夏は春に比べて更に空が抜けるように青く、気持ちよかった〜。


スーツケースを持ちながら橋を渡ったりしていたら筋肉痛になりました。

ベローナ行きの電車もガラガラで、意外にも(?)定刻通りに発着していました。券売機もドイツ語あって、びっくりするくらいトラブルなくベローナ駅まで着きました。


ベローナは野外歌劇場が有名で、ちょうどその宣伝(?)か、ベローナ駅前に巨大なアイーダ像が。なぜか横からしか撮ってなかった。

f:id:kumao-klavier:20191229160545j:image

 

コンクールが行われたのはベローナはベローナでもヴィラフランカというど田舎で、更にバスを乗り継ぎ泊まるところまで行きました(田んぼばっかりのところを抜けていく感じの…)。

 

次の日からのコンクールまでは順調だったのですが、

ここで事件が起きるー(やっぱりスムーズにいくわけないー)!!


私が止まっていたところはベローナ駅からコンクール会場の中間地点だったのですが、なんとコンクールが終わるのが20時頃だったのに、終バスが20時!笑


先輩や、たまたまいらっしゃった日本人の方と「まぁタクシーあるでしょ!」とコンクールの打ち上げを会場近くのピッツェリアでやってたら0時を回りそうになってしまいました(めっちゃ美味しかった)。

f:id:kumao-klavier:20191229160636j:image


ついでにジェラート屋さんにも…(連日38℃くらいだったので、毎食後に食べていた。たぶん合計10こくらい食べた)。

f:id:kumao-klavier:20191229160658j:image

でも見渡すかぎり全っっっっっ然タクシーないのです!!!

近くのヴィラフランカ城でロックフェスみたいなのやってて人通りはすごかったのにタクシー全然いない!!

 


困ってレストランの方にタクシーを呼んでもらえないか聞いたところ、答えが、、、

 


「ヴィラフランカにはタクシーはない」

 

 

 

は??

 

 

 

 (」゜ロ゜)」

 

 

 

。。。結局、同じところに泊まっていた先輩と、深夜のヴィラフランカを40分かけて歩いて帰りました笑

 


これもいい思い出。笑

 

 

 

コンクール後の2日間はベローナ観光に充てることができました!卒試からコンクールまで気が抜けなかったので、やっと楽しめる感じです。


初日は、前日歩いて帰った交通の便が悪い宿泊所を後にし、先輩とベローナ旧市街近くのAirbnb (民泊)に移りました。

優しい老夫婦のお家で、しかもおじいちゃんは昔ハンブルクで音楽の勉強をしていたそうで、ドイツ語が堪能な方でした。朝ごはんご馳走になったり、便利なスーパーやおすすめ観光スポットを教えていただきました✨


この日はとにかく盛りだくさんで、午後からバスを乗り継ぎ、妖精(ニンフ)伝説の残るボルケット村(Borghetto)へ行きました。

f:id:kumao-klavier:20191229160747j:image

見晴台に登ったり

f:id:kumao-klavier:20191229163737j:image

川の流れを感じられる街を歩いたり

f:id:kumao-klavier:20191229160913j:image
f:id:kumao-klavier:20191229160910j:image
f:id:kumao-klavier:20191229160906j:image

 

すっごく綺麗で行けてよかったと思うのですが、サンダルで来るところではなかったなと思いました(前日の徒歩でも思った)。

 

ベローナの旧市街も、基本下が石畳なんですよ、、、


私のサンダルはドイツで買ったのですが、売られているサンダルのほとんどがかかとから土踏まずまで靴底のようになっているものなのです。

私はかかと部分がちゃんと分かれているタイプ👡が好きで、探すのに苦労したのですが。


これ絶対石畳対策だ。。。

マンハイムが石畳じゃないのですっかり忘れていました。

 


ベローナで石畳にかかとが何度はまったことか、、、

 

 

そしてボルケット村からベローナへ戻り、夜は野外歌劇場でカルメンを観ました!!

f:id:kumao-klavier:20191229161107j:image
f:id:kumao-klavier:20191229161110j:image
f:id:kumao-klavier:20191229161104j:image

コロッセオみたいな大きな歌劇場です。アリーナ席は高いので、私たちは上の方の石段に座りました(石剥き出しなので座布団を敷いて座ります)。


アリーナ席にはコスプレ(?)なのか本物の貴族なのか、すごいドレスを着た方々も入場されていました。

f:id:kumao-klavier:20191229161153j:image

 

カルメン、最高でした〜。

新演出のような奇抜な感じではなく王道!で、なによりこんなに大きな会場なのに迫力が凄まじかったです!(先輩の超高画質望遠カメラで撮った写真。カルメンが有名なハバネラを歌っているところとカーテンコールのところです)

f:id:kumao-klavier:20191229161638j:image

f:id:kumao-klavier:20191229161643j:image
f:id:kumao-klavier:20191229161711j:image

 

途中雷がゴロゴロしましたが、なんとか天気ももってよかったです!(稲妻が光っていた…)

 

ちなみに歌劇場の横の広場には今日使わなかったアイーダのセットが山積みに…(次の日がアイーダだったのかな)

f:id:kumao-klavier:20191229161905j:image

 

観光2日目はベローナの旧市街をぶらぶら。

私は知らなかったのですが、母に「今度ベローナいく〜」と言ったら「ロミジュリの舞台じゃん!!」と言われました(無知すぎる)。

 


というわけでジュリエットの家です。

あのバルコニー!

f:id:kumao-klavier:20191229163506j:image

 

おっぱい触ると幸せになる、というジンクスがあるジュリエットの銅像にもタッチ出来、部屋の中もじっくり見てきました。

f:id:kumao-klavier:20191229163258j:image
f:id:kumao-klavier:20191229163301j:image

ちなみにロミオの家もあります。こちらは公開されていないためかかなりひっそり。

f:id:kumao-klavier:20191229163146j:image

その他、民泊ご主人のおすすめ(わざわざ地図を書いてくれた)を巡ったりしました。上がおそらくスカリガーのお墓?教会?(わからない)、下がサン ゼーノ マッジョーレ教会(San Giorgio Maggiore)です。

f:id:kumao-klavier:20191229162330j:image
f:id:kumao-klavier:20191229162333j:image


途中何度目か分からないジェラート屋さんに入った直後、雹に降られました。連日暑かったせいかもしれません。

ここでベローナで食べたジェラートの一部…。一番下のえげつない色のフロートは、食べてみると案外普通の味でかき氷みたいな感じです。コップは小さいけれど、冷たすぎて食べても食べてもなくなりませんでした。

 

ジェラート屋さんで注文するためだけにイタリア語を覚えました(味ダブルで〜とかトリプルで〜と頼みたかった)。

その土地に行くとなんとなく言葉も覚えられるから嬉しいです。

f:id:kumao-klavier:20191229162048j:image
f:id:kumao-klavier:20191229162045j:image
f:id:kumao-klavier:20191229162051j:image


留学中イタリアへは2回行くことができました。ドイツとは建物や街の雰囲気も違い(赤茶色や黄土色の建物が多かった)、からっとした晴れも多くて、イタリア系の人たちがみんな陽気な理由も少し分かる気がしました笑。

 

この後マンハイムに戻り、友人の入試の伴奏をマッハでこなした後、スペインに旅立ったくまおなのでした。

 


続く。

 

 

 

くまお、書き忘れたドイツの春の味覚 の巻

くまおです。


ずーっと書こう書こうと思ってたのに忘れてたことを書きます。ドイツの春の名物・白アスパラ(シュパーゲル/Spargel)についてです。


4月ごろから市場やスーパーで白くて大きなアスパラ、シュパーゲルが並ぶようになります。レストランでもシュパーゲルを使った期間限定メニューがあったり、とても楽しい季節です。


6月24日、聖ヨハネの日まで収穫されるらしいですが、スーパーの店頭にはもう少し長く置かれていたように思います。


シュパーゲルには溜まった毒素を流す作用があるそう。

 


今年は3回、家でシュパーゲルを調理してみました。クリームスパゲティにいれてみたり色々しましたが、一番メジャーなのは茹でてホランデーソース(Hollandaise)をかけ、生ハムと一緒にいただくものだと思います。

 

f:id:kumao-klavier:20190724063351j:image

意外におおきいシュパーゲル。


シュパーゲルは絶対に皮をむかなきゃなのです。なぜならとても苦いから。

けれど、白いからどこまで剥けたのか分かりにくいんです。一回、剥きが甘くてめちゃくちゃ苦いものができてしまいました。

それで面白いのは、剥いた皮と一緒に茹でることです。ダシが出るのかなぁ…

 

ソースは、日本でも有名なクノール(ドイツの会社です)から水でといて作る粉も出てて、そちらも美味しいのですが、一番は生クリームみたいな紙パックに入っているやつ!が美味しいです。

写真は撮り忘れました。

 

f:id:kumao-klavier:20190724063322j:image

盛り付けはこんな感じ。


野菜としては少しお高めのシュパーゲルですが、しっかり茹でるとトロトロで甘くて美味しいです〜。

 


つづく

くまお、ドイツの夏、虫との戦い② の巻

くまおです。


無事に卒業リサイタルが終わり、その後本番をふたつ、イタリアとスペインでやってきました。その話はまたおいおい……。

 

すっかり夏です。


とっても夏です。


ドイツは涼しいイメージあったし、実際5月には一度冬の気温になったこともありましたが。


卒業リサイタル直前の1週間と今週は本当に地獄です。マンハイムはドイツの他の街と比べ冬も夏も暖かいそうで、時折38℃、39℃が続きます。

大学で受ける先生との最後のレッスンの日が39℃、しかも15時から、日当たりのいい部屋だったのですが、レッスン部屋がサウナでした。先生倒れちゃわないか本当に心配で、家で凍らせた大きな保冷剤を持って行ったくらいです。先生はほっぺに保冷剤を終始あてて喜んでた。笑


というのも、ドイツのあかんところは、冷房がある建物が少ないことです。ドイツの普通の家は、日本のような壁が薄く風通しのいいものではなく、冬の厳しい寒さにも耐えられる高い機密性を備えているのです(なので冬は外は極寒でも家の中はとても暖かいです)。

昨今の温暖化のせいで、家の設備が追いついていません、普通のお家には暖房しかついていません。私の通う大学ですら、音楽ホールにしか冷房はありません。あとは、デパートやショッピングモールにはちらほらつき始めているようですが…。


というわけで、くまお家には扇風機もないため、最近は朝と日が沈んで涼しくなる21時ごろに窓を開けて、なんとか家を快適に保っています。


暑くなるにつれて、虫たちも活発に動き回るようになってきました。

ドイツ、ハエがごっつ多いです。

私の家の窓には、前に住んでいた人が網戸を貼ってくれているのですが(そもそも初期設備に網戸がないことがドイツでは普通です。本当におかしいと思う)窓を開けると、網戸の剥がれた隙間からブーンと入ってくることがあります。


この間うちで韓国人台湾人の友達を招いてお好み焼きパーティをしたのですが(私は定期的に家に人を呼んでお好み焼きの良さを他の国の人に広めています)、ソースの香りに引き寄せられ、4匹も入ってきました!

 

f:id:kumao-klavier:20190724061341j:image

 

お好み焼きはいつも好評です。焼き処くまお。

材料を揃えるのに限界もあるので、日本のには劣りますが…😊

 


話を戻して……クモ等の飛ばない虫の対処は、下宿生活で完璧に身につけたので、ここに引っ越してきてからも不自由なく過ごしていましたが、飛ぶ虫については未履修でした。

灯りを玄関だけつけて誘導して、ドアから外廊下に逃がしたり、ハエが自主的に出て行ってくれるように下敷きで窓まであおいだり、とまってるところをナイロン袋で捕獲して逃がしたり……と、飛ぶ虫に関しては生かして逃す方向で奮闘しております。


今は無事、1匹もいません。

なんて快適なんだ〜。


日本に帰ったら、次からは自分で虫退治を任されるんだろうな(1年前は3mmくらいの虫でも怖くて、母に助けを求めていた情けないくまおでした)。

 

 

つづく

くまお、不正引き落としに遭う、の巻

くまおです。

 

事件は先週の火曜に起こった…

 

苦労して(?)登録し、毎月高い保険料を支払ってる保険会社アオキことAOKから、その前日になんと1060.38€も引き落とされているのを発見。

 

は?みたいな

 

日本円で13万円くらい、一気に引き落とされてたんです。

 

絶対なんか間違えて引き落とされてる!!と思って、木曜にお客様センターに駆け込みました。

 

そうしたら、本当は学生は払わなくて良い、しかも働いている30歳以上の人(だったような)しか払わなくてよい、社会保障費Krankversicherungが引き落とされていたことが判明…

 

いやちょっとまってよ、私学生用の保険に入ってるし、なにがどうなったらそんなことになるのよ。

 

担当の人今休みだから、明日その人にメールさせるわね〜と言われたのですが、いや…早くしてほしいんですけれど…

 

それで届いたメール、とっても意味が取りにくいドイツ語で、ちんぷんかんぷんでした。

いや、名前からしてこっち外国人なの分かってるよね?もうちょっと親切にしてくれても良くない??

 

しかも「間違って払われたのは1060€でしょ?」って書かれており、いやいやいや、私の38セント、端数だけど忘れないでくださいよって感じ。「間違って引き落とされたのは1060.38€です!!」やや半ギレで返信したのが先週金曜。

 

けれどその振込が今週になっても来ない…再度問い合わせたら、私が自分の口座で引き落としの取り消し lastschrift zurückgebenをした方が一番早いとのこと。

もう、何度目かの、は?

 

なんで私がそんなめんどいことやらなあかんねん(実際はそこまで面倒ではありません)。

 

しかも、ここまでやりとりしてて一言も謝罪の言葉がないのも、は?

 

ドイツのこういうとこ、いまだに慣れません。

 

最初のうちは、こんな外国人に対応してもらえるだけでありがたいという気持ちたっぷりに話したりしていたものです。

もちろん今もその気持ちはあるのですが。

前は分からなかったらとりあえずヤー(はい)と言ってたけれど、最近はなんか自分に不利になることを言われてるっぽいことが分かれば食い気味でナイン(いいえ)って言います。とりあえずナイン。ナインって言っとけば、あとからだいたいなんとかなります。

 

そしてそして今日やっとそのお金、戻ってきました。はぁ〜心労が……むしろ私がお詫びに1000€もらいたい(?)

 

ま、これで気付かなかったらもっとひどいことになってただろう、ということで怒りを鎮…………まらない!!!!!

 

なんか愚痴だけになっちゃった。

ついでにマンハイムの綺麗なところを紹介します。

 

街はそこそこ汚くて治安もイマイチですが、川沿いはとっても綺麗なんですよ、って宣伝です。

 

f:id:kumao-klavier:20190620064628j:image
f:id:kumao-klavier:20190620064632j:image

 

再来週はいよいよ卒業リサイタルでございます。

 

つづく

 

くまお、追い込まれて記憶がないの巻

くまおです。

 

最近のくまおといえば、カールスルーエ(Karlsruhe)にいる先輩に会いに行ったり(黄色いのがお城、赤いのが音大(もともとはこれも城))

f:id:kumao-klavier:20190608074131j:image
f:id:kumao-klavier:20190608074127j:image

 

フランクフルトまで散髪しにいったり(写真は古いオペラ座 Alte Oper)

f:id:kumao-klavier:20190608074250j:image

 

していました。

 

ですがこの2週間で立て続けに全て違うプログラムの本番が大量にあったのですが、今振り返って本当必死すぎて記憶がなくなりかけているので書きます。全部ではないですが。

 

まず、事件は5月最終週の土曜に起こった……。

昨年10月に、とんでもむちゃぶりされたくまおを、皆様は覚えていらっしゃいますか?

あの、現代曲のコンサートでピアニストがクビになって、リハの前日に楽譜回ってきたやつ!

 

ああいうことってそう起こらないと思ったんですが、実際そうらしいですが、またまた私ピンチヒッターを務めることになりました。

前回は先生がクビにしたそうですが、今回は脱走らしいです。どうなってんだここの音大は……。

 

それも前回よりひどい、楽譜渡されて3日で本番!笑

ゴリゴリの現代曲でした。

 

f:id:kumao-klavier:20190608074020j:image

 

マンハイムから電車で30分ほどのノイシュタット(Neustadt)のホール。

指揮付きのアンサンブルだったのですが、指揮がド下手すぎて(一応指揮のアシスタントとして音大で働いているらしいが、正直そこらへんの学校の合唱コンクールの指揮者の方がよっぽどうまい)本当に大変でした。

そのせいにするわけじゃないけれど、したいけれど、リハではほぼ完璧に上手く行っていたのに本番でくまおが指揮を見逃して大きなミスをしてしまい、かなーり落ち込みました。

現代曲なので、聴きに来てた知り合いは全然気付かなかったそうですが笑、3日とはいえ弾けてたのに!!と悔しさでいっぱいであります。

 

その次は歌の伴奏でハイデルベルクへ!

ハイデルベルク城に登る手前のコルンマルクト(Kornmarkt)のホールでした。

f:id:kumao-klavier:20190608074805j:image

 

前の学期も今学期も、歌のパートナーはドイツ人。私の希望もありドイツ歌曲をドイツ人とドイツ語ネイティブの先生に習えるのは本当にいい経験です。

日本を出る前に恩師から、「歌の伴奏の授業は絶対取りなさいよ!」と言われていたけれど、本当にとって良かった。

この日の演奏はシュトラウスの歌曲を数曲。どれも上手く行って、良い時間をお客さんと共有できたと思います。

 

先週月曜日は、卒業試験のひとつめ。

修士課程の学生は、60分以上のリサイタルと、30分の録音、それぞれ別のプログラムで用意しなくてはいけません。

 

トーンマイスター(音響と録音の専門家?)と一緒に大学のホールで録音するのですが、実はここでもすったもんだがありました…笑

 

私は、私のついている教授がトーンマイスターに連絡を取って、録音する日にちを決定するのだと思い込んでいたのですが、自分でコンタクトをとらなければいけないということが3月に判明し……!

しかもこのトーンマイスター、めちゃくちゃ忙しくて、なかなか日にちを決めてくれないと噂の方でした。

どうしよう、卒業出来るかな…とオロオロしていましたが、偶然食堂でお会いしたので直談判して約束を取り付けたのです……。

 

くまお、本当に卒業できるんでしょうか。

ヒヤヒヤです。

 

けれど録音はまあまあ上手くいったので、とりあえずホッとしています。トーンマイスターはとてもフレンドリーな方で良くしていただいて、めちゃくちゃ褒め上手でした。で、なぜかメッセージアプリ(LINEのような)でやたら話しかけられるようになりました笑 イタリア系の人だし(ぽっちゃりの陽気なおっちゃん)、息をするように褒め言葉が出てくるのかな?笑

 

ともあれ、また一歩卒業に近づきました。ドイツで過ごせるのも、泣いても笑ってもあと2ヶ月半……

 

 

 

今日トーンマイスターが編集した音源を頂き、「これあなたの家族が聴いたら、あなたを誇りに思うと思うよ!ガハハ!」って言われました。

 

少なくとも私の両親は寝るな、と思いました。笑

 

つづく

 

 

 

 

 

くまお、パリに行く の巻

くまおです。

マドリードから帰ってきて2週間後、今度はフランス・パリに行ってきました。

マンハイムはフランス寄りのドイツなので、パリは実は電車で3時間ちょっとで行けてしまうという…。

 

今回行き帰りともに電車だったので完全に失念して、パスポートを家に忘れてくる大失態をしました笑

ドイツもフランスもシェンゲン協定内なので、ビザを持ってたから大丈夫なんですけれどね。

以後気をつけます。

 

去年も同じ時期にパリに行ったのですがほとんど観光できなかったので(前回はエッフェル塔を見て、ショパンの墓に行っただけ…)、今回は駆け足気味でしたが色々見れて良かったです!

 

大学の同期のお家に4日間も泊めてもらいましたが、安定の、観光日はたった1日……でした…。けれど彼女はパリに住んで長いので、押さえるところを完璧に押さえた素晴らしいガイドをしてくれました…感謝…

 

まずオルセー美術館。美術館系は、ヨーロッパのビザを見せると無料でした。

 

有名な時計。

f:id:kumao-klavier:20190608073155j:image

 

モネ/草上の昼食(マネの作品に影響されて描いたらしい)
f:id:kumao-klavier:20190608073148j:image

 

マネ/草上の昼食
f:id:kumao-klavier:20190608073216j:image

 

ルノワール/ムーラン・ド・ラ・ギャレー
f:id:kumao-klavier:20190608073221j:image

 

ドガ/青い踊り子たち
f:id:kumao-klavier:20190608073208j:image

 

モネ/日傘の女
f:id:kumao-klavier:20190608073139j:image
f:id:kumao-klavier:20190608073142j:image

ルノワール/田舎のダンス
f:id:kumao-klavier:20190608073136j:image

ルノワール/ピアノを弾く少女たち
f:id:kumao-klavier:20190608073225j:image

ゴッホ/アルルのゴッホの部屋
f:id:kumao-klavier:20190608073228j:image

ゴッホ/自画像
f:id:kumao-klavier:20190608073158j:image

ミレー/落ち穂拾い
f:id:kumao-klavier:20190608073240j:image

ミレー/晩鐘
f:id:kumao-klavier:20190608073205j:image

 

美術の教科書でしか見たことなかった絵ばっかりだった…(小学生並みの感想)

 

 

続いて、ルーブル美術館(贅沢なはしご…)。

f:id:kumao-klavier:20190608073420j:image

 

サモトラケのニケ
f:id:kumao-klavier:20190608073402j:image

 

ミロのビーナス
f:id:kumao-klavier:20190608073409j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073353j:image

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ/
f:id:kumao-klavier:20190608073346j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073357j:image

 

ドラクロワ/民衆を導く自由の女神
f:id:kumao-klavier:20190608073413j:image

 


f:id:kumao-klavier:20190608073349j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073416j:image

りざ!!!

 

時間があればもっとゆっくり見たかったのですが……友達のガイドで見どころをおさえられました笑

 

火事があったノートルダムを横目に見つつ、

f:id:kumao-klavier:20190614023207j:image

 

サントシャペル教会にも足を運びました。シテ島にあるゴシック建築の教会だそうですが、なんといってもステンドグラスがすごすぎる!!

 

f:id:kumao-klavier:20190614023317j:image
f:id:kumao-klavier:20190614023323j:image

 

その後は、前回1秒も拝めなかった凱旋門に向かいました(逆光…)。

f:id:kumao-klavier:20190614024043j:image

 

実はその道中、スリにあいかけました。案内してくれた友達も私もリュックを背負っていたのですが、メトロのエスカレーターで後ろの人にチャックを開けられていたみたいです!!

私は針金入りのリュックだったので半分開けて諦めたのか一応なにも盗まれておらず、友達も財布を下の方に入れ、上の方にあったストールを地面に落とされた以外の被害はありませんでした……

 

ヨーロッパで軽犯罪に今のところ遭ったことがなくて油断してたのかもしれないなぁ…と気を引き締めるきっかけにもなりました。

 

犯人らしき顔見たのに笑 

なんか言い返してやればよかった(フランス語できないから日本語で)。

 

凱旋門、階段がつらい。日頃の運動不足にはきつい…

f:id:kumao-klavier:20190614023907j:image

 

夜景素晴らしかったです!!

それにしてもカップルが多いこと……そしてアジア系もめちゃめちゃ多いこと……

 

ちなみに最近とても日が長く、朝は5:30に太陽が昇り、22時ごろにやっと暗くなります。

↑の写真も、たしか21時過ぎに撮影したもの…マンハイムにいる時もそうですが、本当に時間の感覚が狂います。

 

最後の最後にエッフェル塔に会いに行き、パリ弾丸旅は終了でした。

f:id:kumao-klavier:20190614024143j:image

 

つづく

 

 

くまお、マドリードに行く の巻

くまおです。

 

4月下旬、初スペインに行ってきました。

f:id:kumao-klavier:20190608071905j:image

 

今回も安定のお一人様旅です。

5日間いたのに、ちゃんと観光できたのはたった1日(しかも4時間くらい)でした……。その他は本当何してたんでしょう。お察しください。戦ってました。

 

ホテルよりはお安めのホステルに泊まり、食事は毎回スーパーかケンタッキーで済ませてしまい、あいにくお友達もそんなにできなかったのでレストランには一回も入らず……パエリアとかスペイン料理、全て食べ損ねました。

 

スーパーで毎日のように生ハム買って食べてましたよ。ええ。1パック1ユーロとかなので本当に安くて美味しい…。塩分取りすぎ……

 

泊まっていたのはマドリードの中心地・ソル(中心地とは知らずにホステル決めた…ど真ん中でした)。太陽の門(Puerta del Sol/プエルタ デル ソル)の広場には朝から晩まで観光客やら商売の人やらで賑わっていました。

なんとなく撮って、あとから名所だと気づいた、クマとイチゴノキの像(Oso y Madroño )の像もあります。マドリード市の紋章の要素を表現したらしい……日本で言うならば、ハチ公的な、待ち合わせスポットらしいです。

 

f:id:kumao-klavier:20190608065909j:image

 

また、マドリード自治州政府が置かれている旧郵便局(Casa de Correos/カッサデ コレオス)の時計も有名らしい。夜は綺麗にライトアップされていました。


f:id:kumao-klavier:20190608065906j:image

晦日、新年の鐘が鳴ると同時にこの時計台の下で12粒ぶどうを食べるのが伝統行事らしいです。

 

スペイン、治安やばいかな、と不安だったのですが、思ったより全然安全でした。帰りが23時ごろになってしまっても、スーパーも遅くまでやっているしソル付近は治安も良く、怖い思いをしなかったのは良かったと思います。

 

唯一の観光日は、プラド美術館に行ってきました。

私が行ったのはちょうどイースター休暇ど真ん中の時期で、外で90分ほど待たされました。ちょっとナメてた(けど学生証出したら無料で入れたから許す(?))。荷物検査もあり、中は撮影禁止でした。

ずっと見たかったゴヤの絵を存分に見れてとても感慨深かったです。中はめちゃくちゃ広くて、しっかり回るなら1日では足りないでしょう……。入口に置いてあるガイドマップは絶対にもらうべきです。

f:id:kumao-klavier:20190608072133j:image

f:id:kumao-klavier:20190608071330j:image

 

また、床面積ではヨーロッパ最大といわれる、マドリード王宮(Palacio Real)にも行きました。こっちは時間がなくて外観だけ…

f:id:kumao-klavier:20190608071517j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071512j:image

 

この日はマドリードで市民マラソン大会が開催されていて、王宮前は応援の人たちで埋め尽くされていました。

 

プラド美術館も、王宮も、ソルから10〜15分ほど歩けば行けました!今回空港〜ソル間以外は全て歩き。

なぜなら、空港からソルまで、電車の仕組みが全くわからなくて大変迷ったから笑笑

こういう時英語できたらいいなって思いますね。

 

それでは最後に、マドリードで発見した?なものを3枚載せます。

f:id:kumao-klavier:20190608071836j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071832j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071829j:image

 

つづく