くまお フォルテッシモ

ドイツの音大に突如現れた くまおの日記

くまお、書き忘れたドイツの春の味覚 の巻

くまおです。


ずーっと書こう書こうと思ってたのに忘れてたことを書きます。ドイツの春の名物・白アスパラ(シュパーゲル/Spargel)についてです。


4月ごろから市場やスーパーで白くて大きなアスパラ、シュパーゲルが並ぶようになります。レストランでもシュパーゲルを使った期間限定メニューがあったり、とても楽しい季節です。


6月24日、聖ヨハネの日まで収穫されるらしいですが、スーパーの店頭にはもう少し長く置かれていたように思います。


シュパーゲルには溜まった毒素を流す作用があるそう。

 


今年は3回、家でシュパーゲルを調理してみました。クリームスパゲティにいれてみたり色々しましたが、一番メジャーなのは茹でてホランデーソース(Hollandaise)をかけ、生ハムと一緒にいただくものだと思います。

 

f:id:kumao-klavier:20190724063351j:image

意外におおきいシュパーゲル。


シュパーゲルは絶対に皮をむかなきゃなのです。なぜならとても苦いから。

けれど、白いからどこまで剥けたのか分かりにくいんです。一回、剥きが甘くてめちゃくちゃ苦いものができてしまいました。

それで面白いのは、剥いた皮と一緒に茹でることです。ダシが出るのかなぁ…

 

ソースは、日本でも有名なクノール(ドイツの会社です)から水でといて作る粉も出てて、そちらも美味しいのですが、一番は生クリームみたいな紙パックに入っているやつ!が美味しいです。

写真は撮り忘れました。

 

f:id:kumao-klavier:20190724063322j:image

盛り付けはこんな感じ。


野菜としては少しお高めのシュパーゲルですが、しっかり茹でるとトロトロで甘くて美味しいです〜。

 


つづく

くまお、ドイツの夏、虫との戦い② の巻

くまおです。


無事に卒業リサイタルが終わり、その後本番をふたつ、イタリアとスペインでやってきました。その話はまたおいおい……。

 

すっかり夏です。


とっても夏です。


ドイツは涼しいイメージあったし、実際5月には一度冬の気温になったこともありましたが。


卒業リサイタル直前の1週間と今週は本当に地獄です。マンハイムはドイツの他の街と比べ冬も夏も暖かいそうで、時折38℃、39℃が続きます。

大学で受ける先生との最後のレッスンの日が39℃、しかも15時から、日当たりのいい部屋だったのですが、レッスン部屋がサウナでした。先生倒れちゃわないか本当に心配で、家で凍らせた大きな保冷剤を持って行ったくらいです。先生はほっぺに保冷剤を終始あてて喜んでた。笑


というのも、ドイツのあかんところは、冷房がある建物が少ないことです。ドイツの普通の家は、日本のような壁が薄く風通しのいいものではなく、冬の厳しい寒さにも耐えられる高い機密性を備えているのです(なので冬は外は極寒でも家の中はとても暖かいです)。

昨今の温暖化のせいで、家の設備が追いついていません、普通のお家には暖房しかついていません。私の通う大学ですら、音楽ホールにしか冷房はありません。あとは、デパートやショッピングモールにはちらほらつき始めているようですが…。


というわけで、くまお家には扇風機もないため、最近は朝と日が沈んで涼しくなる21時ごろに窓を開けて、なんとか家を快適に保っています。


暑くなるにつれて、虫たちも活発に動き回るようになってきました。

ドイツ、ハエがごっつ多いです。

私の家の窓には、前に住んでいた人が網戸を貼ってくれているのですが(そもそも初期設備に網戸がないことがドイツでは普通です。本当におかしいと思う)窓を開けると、網戸の剥がれた隙間からブーンと入ってくることがあります。


この間うちで韓国人台湾人の友達を招いてお好み焼きパーティをしたのですが(私は定期的に家に人を呼んでお好み焼きの良さを他の国の人に広めています)、ソースの香りに引き寄せられ、4匹も入ってきました!

 

f:id:kumao-klavier:20190724061341j:image

 

お好み焼きはいつも好評です。焼き処くまお。

材料を揃えるのに限界もあるので、日本のには劣りますが…😊

 


話を戻して……クモ等の飛ばない虫の対処は、下宿生活で完璧に身につけたので、ここに引っ越してきてからも不自由なく過ごしていましたが、飛ぶ虫については未履修でした。

灯りを玄関だけつけて誘導して、ドアから外廊下に逃がしたり、ハエが自主的に出て行ってくれるように下敷きで窓まであおいだり、とまってるところをナイロン袋で捕獲して逃がしたり……と、飛ぶ虫に関しては生かして逃す方向で奮闘しております。


今は無事、1匹もいません。

なんて快適なんだ〜。


日本に帰ったら、次からは自分で虫退治を任されるんだろうな(1年前は3mmくらいの虫でも怖くて、母に助けを求めていた情けないくまおでした)。

 

 

つづく

くまお、不正引き落としに遭う、の巻

くまおです。

 

事件は先週の火曜に起こった…

 

苦労して(?)登録し、毎月高い保険料を支払ってる保険会社アオキことAOKから、その前日になんと1060.38€も引き落とされているのを発見。

 

は?みたいな

 

日本円で13万円くらい、一気に引き落とされてたんです。

 

絶対なんか間違えて引き落とされてる!!と思って、木曜にお客様センターに駆け込みました。

 

そうしたら、本当は学生は払わなくて良い、しかも働いている30歳以上の人(だったような)しか払わなくてよい、社会保障費Krankversicherungが引き落とされていたことが判明…

 

いやちょっとまってよ、私学生用の保険に入ってるし、なにがどうなったらそんなことになるのよ。

 

担当の人今休みだから、明日その人にメールさせるわね〜と言われたのですが、いや…早くしてほしいんですけれど…

 

それで届いたメール、とっても意味が取りにくいドイツ語で、ちんぷんかんぷんでした。

いや、名前からしてこっち外国人なの分かってるよね?もうちょっと親切にしてくれても良くない??

 

しかも「間違って払われたのは1060€でしょ?」って書かれており、いやいやいや、私の38セント、端数だけど忘れないでくださいよって感じ。「間違って引き落とされたのは1060.38€です!!」やや半ギレで返信したのが先週金曜。

 

けれどその振込が今週になっても来ない…再度問い合わせたら、私が自分の口座で引き落としの取り消し lastschrift zurückgebenをした方が一番早いとのこと。

もう、何度目かの、は?

 

なんで私がそんなめんどいことやらなあかんねん(実際はそこまで面倒ではありません)。

 

しかも、ここまでやりとりしてて一言も謝罪の言葉がないのも、は?

 

ドイツのこういうとこ、いまだに慣れません。

 

最初のうちは、こんな外国人に対応してもらえるだけでありがたいという気持ちたっぷりに話したりしていたものです。

もちろん今もその気持ちはあるのですが。

前は分からなかったらとりあえずヤー(はい)と言ってたけれど、最近はなんか自分に不利になることを言われてるっぽいことが分かれば食い気味でナイン(いいえ)って言います。とりあえずナイン。ナインって言っとけば、あとからだいたいなんとかなります。

 

そしてそして今日やっとそのお金、戻ってきました。はぁ〜心労が……むしろ私がお詫びに1000€もらいたい(?)

 

ま、これで気付かなかったらもっとひどいことになってただろう、ということで怒りを鎮…………まらない!!!!!

 

なんか愚痴だけになっちゃった。

ついでにマンハイムの綺麗なところを紹介します。

 

街はそこそこ汚くて治安もイマイチですが、川沿いはとっても綺麗なんですよ、って宣伝です。

 

f:id:kumao-klavier:20190620064628j:image
f:id:kumao-klavier:20190620064632j:image

 

再来週はいよいよ卒業リサイタルでございます。

 

つづく

 

くまお、追い込まれて記憶がないの巻

くまおです。

 

最近のくまおといえば、カールスルーエ(Karlsruhe)にいる先輩に会いに行ったり(黄色いのがお城、赤いのが音大(もともとはこれも城))

f:id:kumao-klavier:20190608074131j:image
f:id:kumao-klavier:20190608074127j:image

 

フランクフルトまで散髪しにいったり(写真は古いオペラ座 Alte Oper)

f:id:kumao-klavier:20190608074250j:image

 

していました。

 

ですがこの2週間で立て続けに全て違うプログラムの本番が大量にあったのですが、今振り返って本当必死すぎて記憶がなくなりかけているので書きます。全部ではないですが。

 

まず、事件は5月最終週の土曜に起こった……。

昨年10月に、とんでもむちゃぶりされたくまおを、皆様は覚えていらっしゃいますか?

あの、現代曲のコンサートでピアニストがクビになって、リハの前日に楽譜回ってきたやつ!

 

ああいうことってそう起こらないと思ったんですが、実際そうらしいですが、またまた私ピンチヒッターを務めることになりました。

前回は先生がクビにしたそうですが、今回は脱走らしいです。どうなってんだここの音大は……。

 

それも前回よりひどい、楽譜渡されて3日で本番!笑

ゴリゴリの現代曲でした。

 

f:id:kumao-klavier:20190608074020j:image

 

マンハイムから電車で30分ほどのノイシュタット(Neustadt)のホール。

指揮付きのアンサンブルだったのですが、指揮がド下手すぎて(一応指揮のアシスタントとして音大で働いているらしいが、正直そこらへんの学校の合唱コンクールの指揮者の方がよっぽどうまい)本当に大変でした。

そのせいにするわけじゃないけれど、したいけれど、リハではほぼ完璧に上手く行っていたのに本番でくまおが指揮を見逃して大きなミスをしてしまい、かなーり落ち込みました。

現代曲なので、聴きに来てた知り合いは全然気付かなかったそうですが笑、3日とはいえ弾けてたのに!!と悔しさでいっぱいであります。

 

その次は歌の伴奏でハイデルベルクへ!

ハイデルベルク城に登る手前のコルンマルクト(Kornmarkt)のホールでした。

f:id:kumao-klavier:20190608074805j:image

 

前の学期も今学期も、歌のパートナーはドイツ人。私の希望もありドイツ歌曲をドイツ人とドイツ語ネイティブの先生に習えるのは本当にいい経験です。

日本を出る前に恩師から、「歌の伴奏の授業は絶対取りなさいよ!」と言われていたけれど、本当にとって良かった。

この日の演奏はシュトラウスの歌曲を数曲。どれも上手く行って、良い時間をお客さんと共有できたと思います。

 

先週月曜日は、卒業試験のひとつめ。

修士課程の学生は、60分以上のリサイタルと、30分の録音、それぞれ別のプログラムで用意しなくてはいけません。

 

トーンマイスター(音響と録音の専門家?)と一緒に大学のホールで録音するのですが、実はここでもすったもんだがありました…笑

 

私は、私のついている教授がトーンマイスターに連絡を取って、録音する日にちを決定するのだと思い込んでいたのですが、自分でコンタクトをとらなければいけないということが3月に判明し……!

しかもこのトーンマイスター、めちゃくちゃ忙しくて、なかなか日にちを決めてくれないと噂の方でした。

どうしよう、卒業出来るかな…とオロオロしていましたが、偶然食堂でお会いしたので直談判して約束を取り付けたのです……。

 

くまお、本当に卒業できるんでしょうか。

ヒヤヒヤです。

 

けれど録音はまあまあ上手くいったので、とりあえずホッとしています。トーンマイスターはとてもフレンドリーな方で良くしていただいて、めちゃくちゃ褒め上手でした。で、なぜかメッセージアプリ(LINEのような)でやたら話しかけられるようになりました笑 イタリア系の人だし(ぽっちゃりの陽気なおっちゃん)、息をするように褒め言葉が出てくるのかな?笑

 

ともあれ、また一歩卒業に近づきました。ドイツで過ごせるのも、泣いても笑ってもあと2ヶ月半……

 

 

 

今日トーンマイスターが編集した音源を頂き、「これあなたの家族が聴いたら、あなたを誇りに思うと思うよ!ガハハ!」って言われました。

 

少なくとも私の両親は寝るな、と思いました。笑

 

つづく

 

 

 

 

 

くまお、パリに行く の巻

くまおです。

マドリードから帰ってきて2週間後、今度はフランス・パリに行ってきました。

マンハイムはフランス寄りのドイツなので、パリは実は電車で3時間ちょっとで行けてしまうという…。

 

今回行き帰りともに電車だったので完全に失念して、パスポートを家に忘れてくる大失態をしました笑

ドイツもフランスもシェンゲン協定内なので、ビザを持ってたから大丈夫なんですけれどね。

以後気をつけます。

 

去年も同じ時期にパリに行ったのですがほとんど観光できなかったので(前回はエッフェル塔を見て、ショパンの墓に行っただけ…)、今回は駆け足気味でしたが色々見れて良かったです!

 

大学の同期のお家に4日間も泊めてもらいましたが、安定の、観光日はたった1日……でした…。けれど彼女はパリに住んで長いので、押さえるところを完璧に押さえた素晴らしいガイドをしてくれました…感謝…

 

まずオルセー美術館。美術館系は、ヨーロッパのビザを見せると無料でした。

 

有名な時計。

f:id:kumao-klavier:20190608073155j:image

 

モネ/草上の昼食(マネの作品に影響されて描いたらしい)
f:id:kumao-klavier:20190608073148j:image

 

マネ/草上の昼食
f:id:kumao-klavier:20190608073216j:image

 

ルノワール/ムーラン・ド・ラ・ギャレー
f:id:kumao-klavier:20190608073221j:image

 

ドガ/青い踊り子たち
f:id:kumao-klavier:20190608073208j:image

 

モネ/日傘の女
f:id:kumao-klavier:20190608073139j:image
f:id:kumao-klavier:20190608073142j:image

ルノワール/田舎のダンス
f:id:kumao-klavier:20190608073136j:image

ルノワール/ピアノを弾く少女たち
f:id:kumao-klavier:20190608073225j:image

ゴッホ/アルルのゴッホの部屋
f:id:kumao-klavier:20190608073228j:image

ゴッホ/自画像
f:id:kumao-klavier:20190608073158j:image

ミレー/落ち穂拾い
f:id:kumao-klavier:20190608073240j:image

ミレー/晩鐘
f:id:kumao-klavier:20190608073205j:image

 

美術の教科書でしか見たことなかった絵ばっかりだった…(小学生並みの感想)

 

 

続いて、ルーブル美術館(贅沢なはしご…)。

f:id:kumao-klavier:20190608073420j:image

 

サモトラケのニケ
f:id:kumao-klavier:20190608073402j:image

 

ミロのビーナス
f:id:kumao-klavier:20190608073409j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073353j:image

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ/
f:id:kumao-klavier:20190608073346j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073357j:image

 

ドラクロワ/民衆を導く自由の女神
f:id:kumao-klavier:20190608073413j:image

 


f:id:kumao-klavier:20190608073349j:image


f:id:kumao-klavier:20190608073416j:image

りざ!!!

 

時間があればもっとゆっくり見たかったのですが……友達のガイドで見どころをおさえられました笑

 

火事があったノートルダムを横目に見つつ、

f:id:kumao-klavier:20190614023207j:image

 

サントシャペル教会にも足を運びました。シテ島にあるゴシック建築の教会だそうですが、なんといってもステンドグラスがすごすぎる!!

 

f:id:kumao-klavier:20190614023317j:image
f:id:kumao-klavier:20190614023323j:image

 

その後は、前回1秒も拝めなかった凱旋門に向かいました(逆光…)。

f:id:kumao-klavier:20190614024043j:image

 

実はその道中、スリにあいかけました。案内してくれた友達も私もリュックを背負っていたのですが、メトロのエスカレーターで後ろの人にチャックを開けられていたみたいです!!

私は針金入りのリュックだったので半分開けて諦めたのか一応なにも盗まれておらず、友達も財布を下の方に入れ、上の方にあったストールを地面に落とされた以外の被害はありませんでした……

 

ヨーロッパで軽犯罪に今のところ遭ったことがなくて油断してたのかもしれないなぁ…と気を引き締めるきっかけにもなりました。

 

犯人らしき顔見たのに笑 

なんか言い返してやればよかった(フランス語できないから日本語で)。

 

凱旋門、階段がつらい。日頃の運動不足にはきつい…

f:id:kumao-klavier:20190614023907j:image

 

夜景素晴らしかったです!!

それにしてもカップルが多いこと……そしてアジア系もめちゃめちゃ多いこと……

 

ちなみに最近とても日が長く、朝は5:30に太陽が昇り、22時ごろにやっと暗くなります。

↑の写真も、たしか21時過ぎに撮影したもの…マンハイムにいる時もそうですが、本当に時間の感覚が狂います。

 

最後の最後にエッフェル塔に会いに行き、パリ弾丸旅は終了でした。

f:id:kumao-klavier:20190614024143j:image

 

つづく

 

 

くまお、マドリードに行く の巻

くまおです。

 

4月下旬、初スペインに行ってきました。

f:id:kumao-klavier:20190608071905j:image

 

今回も安定のお一人様旅です。

5日間いたのに、ちゃんと観光できたのはたった1日(しかも4時間くらい)でした……。その他は本当何してたんでしょう。お察しください。戦ってました。

 

ホテルよりはお安めのホステルに泊まり、食事は毎回スーパーかケンタッキーで済ませてしまい、あいにくお友達もそんなにできなかったのでレストランには一回も入らず……パエリアとかスペイン料理、全て食べ損ねました。

 

スーパーで毎日のように生ハム買って食べてましたよ。ええ。1パック1ユーロとかなので本当に安くて美味しい…。塩分取りすぎ……

 

泊まっていたのはマドリードの中心地・ソル(中心地とは知らずにホステル決めた…ど真ん中でした)。太陽の門(Puerta del Sol/プエルタ デル ソル)の広場には朝から晩まで観光客やら商売の人やらで賑わっていました。

なんとなく撮って、あとから名所だと気づいた、クマとイチゴノキの像(Oso y Madroño )の像もあります。マドリード市の紋章の要素を表現したらしい……日本で言うならば、ハチ公的な、待ち合わせスポットらしいです。

 

f:id:kumao-klavier:20190608065909j:image

 

また、マドリード自治州政府が置かれている旧郵便局(Casa de Correos/カッサデ コレオス)の時計も有名らしい。夜は綺麗にライトアップされていました。


f:id:kumao-klavier:20190608065906j:image

晦日、新年の鐘が鳴ると同時にこの時計台の下で12粒ぶどうを食べるのが伝統行事らしいです。

 

スペイン、治安やばいかな、と不安だったのですが、思ったより全然安全でした。帰りが23時ごろになってしまっても、スーパーも遅くまでやっているしソル付近は治安も良く、怖い思いをしなかったのは良かったと思います。

 

唯一の観光日は、プラド美術館に行ってきました。

私が行ったのはちょうどイースター休暇ど真ん中の時期で、外で90分ほど待たされました。ちょっとナメてた(けど学生証出したら無料で入れたから許す(?))。荷物検査もあり、中は撮影禁止でした。

ずっと見たかったゴヤの絵を存分に見れてとても感慨深かったです。中はめちゃくちゃ広くて、しっかり回るなら1日では足りないでしょう……。入口に置いてあるガイドマップは絶対にもらうべきです。

f:id:kumao-klavier:20190608072133j:image

f:id:kumao-klavier:20190608071330j:image

 

また、床面積ではヨーロッパ最大といわれる、マドリード王宮(Palacio Real)にも行きました。こっちは時間がなくて外観だけ…

f:id:kumao-klavier:20190608071517j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071512j:image

 

この日はマドリードで市民マラソン大会が開催されていて、王宮前は応援の人たちで埋め尽くされていました。

 

プラド美術館も、王宮も、ソルから10〜15分ほど歩けば行けました!今回空港〜ソル間以外は全て歩き。

なぜなら、空港からソルまで、電車の仕組みが全くわからなくて大変迷ったから笑笑

こういう時英語できたらいいなって思いますね。

 

それでは最後に、マドリードで発見した?なものを3枚載せます。

f:id:kumao-klavier:20190608071836j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071832j:image
f:id:kumao-klavier:20190608071829j:image

 

つづく

 

 

 

 

 

 

くまお、ミュンヘンに行く の巻

くまおです。

 

 

大変お久しぶりです。

 

2ヶ月も放置して、、、本当にごめんなさい…………

 

3月下旬から始まったくまおの新学期は、前半は予定を詰め込みすぎて、後半は試験目白押しで完全に詰んでいます。真っ最中で詰んでいます。

7月頭に卒業試験のリサイタルがあるので、それまでは練習、練習、練習……の毎日を過ごしています。

 

ではここで、4月からの出来事を一気にプレイバックします!!(遅い)

f:id:kumao-klavier:20190608061717j:image

 

4月上旬、友達とドイツ南部バイエルン州ミュンヘンに行ってきました。マンハイムからは電車で3時間ほど(以前遅延した時は4時間半ほどかかりました。おこ)。

 

私と友達にとって、ミュンヘンは特別な場所です。3年前の冬に、お互いはじめての海外、海外の音楽アカデミー、ホームステイを経験した街がミュンヘンだったからです。

 

くまおはハタチを越えるまで海外に行ったことがなく、その音楽アカデミーに合わせてパスポートを取りに行った覚えがあります。ついでになぜか母も取りに行ったのですが、証明写真に失敗して激おもしろい写真で申請してしまいました。

 

ミュンヘンに着いた私と友達は、空港から市内に出る電車の切符を買うのにも右往左往。外国人に囲まれ(ドイツ人からしたら私が外国人ですが)、右も左もよくわからない外国語、という経験を今まで一切したことがなかったので、何もかもが新鮮でした。

 

今は2人ともドイツで勉強しています。少なくとも私は、ミュンヘンに行かなければドイツ留学を考えることはなかったでしょう。私たちにとってまさに原点です。

 

f:id:kumao-klavier:20190608062155j:image

 

久しぶりに訪れたマリエン広場(Marienplatz)の新市庁舎(Neues Rathaus/ノイエス ラットハウス)。

 

ちなみに3年前、近くのペータース教会(Peterskirche/ペータースキルヒェ)の展望台から撮った写真がこちら。

f:id:kumao-klavier:20190608062531j:image

寒そうです。

 

マリエン広場近くのビクトリエンマルクト(Viktualienmarkt)にはいつも屋台や市場、が並びます。ビール純粋令の記念碑(碑なのか…?)は象徴的。

 

f:id:kumao-klavier:20190608062637j:image

 

そして今回は、3年前にお世話になったホストファミリーのお家にまた2人でお世話になりました。私は実は2回もひとりでお世話になってしまっているのですが…、いつ行ってもあたたかく迎えてくださり本当に感謝感謝です。前回よりは、私たちのドイツ語もいくらかマシになっているので(なってないと困る)、ドイツの街について、ドイツの文化についてたくさんの話をし、教えていただきました。

こんな優しい方でなければ、もしかしたら2人とも留学してなかったかもしれません笑

私たちが来るのに合わせて、お家のピアノも調律してくださっていて、最終日の夜には2人で小さな連弾のコンサートをしました。

 

また、今回は今まで全く行く機会がなかった、ノイシュバンシュタイン城(Schloß Neuschwanstein)に弾丸で行ってきました!!

 

ミュンヘンからBRB電車(特急と快速の中間くらいの電車でしょうか)で2時間ちょいのフュッセン(Füssen)という街に行き、バスを乗り継いで向かいました!

電車からの車窓が綺麗すぎた。

f:id:kumao-klavier:20190608063906j:image
f:id:kumao-klavier:20190608063903j:image

 

城まで行くには最寄りのバス停から徒歩・バス・馬車の3通りの方法があるのですが、行きは徒歩で行くことにしました。

道にはおうまさんの💩がいっぱいあるので避けながら20分くらい歩きます。

f:id:kumao-klavier:20190608064108j:image

 

途中の景色もとても良い〜。

f:id:kumao-klavier:20190608064540j:image

 

お城の中に入るにはバス停近くの券売所か、2日前にネットで申し込む必要があり、今回は決めたのが遅かったので中の見学は諦めました(ホストマザーいわく、中はたいしたことないらしい…笑)

。そのかわり、橋(Marienbrücke/マリエンブリュッケ)からの眺望は超超超有名で、超超超超超綺麗です!!

f:id:kumao-klavier:20190608064341j:image

これ私が撮影したんですよ。ネットからのコピペじゃないですよ。

 

橋を渡りきったところに小さい山があり、そこからはまた違った感じでお城が見れます。

f:id:kumao-klavier:20190608064715j:image

 

帰りはシャトルバスで降りました。

ちなみに。麓には別のお城がございます。ホーヘンシュバンガウ城(Schloss Hohenschwangau)。こっちも素敵で、中にも入れるみたいです。

f:id:kumao-klavier:20190608064914j:image

 

それにしてもミュンヘン本当にいい街だなぁ〜。日帰りできるしあともう一回くらい行きたい。

ミュンヘンはドイツ内で指折りの、家探し困難地域らしく、家賃はマンハイムの2倍くらいです。笑。

 

続く